Tag Archives: プログラム

AndroidWearで円形デバイスだけViewが表示されない

Android Wear Appを作る際にレイアウトを円形と四角でレイアウトを変えたい場合があります。
Android Studioでウィザード形式でActivityを作成すると、下記のファイルができるはずです。

今回はactivity_actionという名前で作成しました

すると3ファイル作成されますよね。

activity_action.xml

 <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<android.support.wearable.view.WatchViewStub
 xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools" android:id="@+id/watch_view_stub"
android:layout_width="match_parent" android:layout_height="match_parent"
app:rectLayout="@layout/rect_activity_action" app:roundLayout="@layout/round_activity_action"
tools:context="com.miruker.qcontact.ActionActivity"
tools:deviceIds="wear"></android.support.wearable.view.WatchViewStub>
rect_activity_action.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<FrameLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
 xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools" android:layout_width="match_parent"
 android:layout_height="match_parent" android:orientation="vertical"
 tools:context="com.miruker.qcontact.ActionActivity" tools:deviceIds="wear_square">

 <android.support.wearable.view.GridViewPager
 android:layout_width="match_parent"
 android:layout_height="match_parent"
 android:paddingBottom="@dimen/indicatorSize"
 android:visibility="visible"
 android:id="@+id/gridViewPager" />

 <LinearLayout
 android:id="@+id/page_dots_container"
 android:orientation="horizontal"
 android:layout_gravity="bottom|center_horizontal"
 android:layout_width="wrap_content"
 android:layout_height="wrap_content"/>

</FrameLayout>
 

round_activity_action.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<FrameLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
 xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools" android:layout_width="match_parent"
 android:layout_height="match_parent" tools:context="com.miruker.qcontact.ActionActivity"
 tools:deviceIds="wear_round">

 <android.support.wearable.view.GridViewPager
 android:layout_width="match_parent"
 android:layout_height="match_parent"
 android:visibility="visible"
 android:paddingBottom="40dp"
 android:id="@+id/gridViewPager" />

 <LinearLayout
 android:id="@+id/page_dots_container"
 android:orientation="horizontal"
 android:layout_gravity="bottom|center_horizontal"
 android:layout_marginBottom="28dp"
 android:layout_width="wrap_content"
 android:layout_height="wrap_content"/>
</FrameLayout>
でJavaファイルがこちら (一部割愛)

ActionActivity.java
@Override
 protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
 super.onCreate(savedInstanceState);
 setContentView(R.layout.activity_action);

 //前の画面からデータをもらっています
 mActionType = getIntent().getIntExtra(Global.PARAM.ACTION_TYPE, -1);
 List<String> values = getIntent().getStringArrayListExtra(Global.PARAM.VALUE_LIST);
 List<String> labels = getIntent().getStringArrayListExtra(Global.PARAM.LABEL_LIST);

//リストデータの構築
 for (int i = 0; i < values.size(); i++) {
 mItems.add(new WearContactItem(0, 0, mActionType, labels.get(i), values.get(i), ""));
 }
 mListView = ButterKnife.findById(this,R.id.gridViewPager);
 mIndicator = ButterKnife.findById(this,R.id.page_dots_container);
 mListView.setOnPageChangeListener(new GridViewPager.OnPageChangeListener() {
 @Override
 public void onPageScrolled(int i, int i2, float v, float v2, int i3, int i4) {

 }

 @Override
 public void onPageSelected(int row, int column) {
 setIndicator(column);
 }

 @Override
 public void onPageScrollStateChanged(int i) {

 }
 });

 //GridViewPagerにアダプターをセット
 ActionListAdapter adapter = new ActionListAdapter(getFragmentManager(), mItems, ActionActivity.this, mActionType);
 mListView.setAdapter(adapter);

 //インジケータViewを作成
 mIndicator.removeAllViews();
 for (int i = 0; i < adapter.getColumnCount(0); i++) {
 ImageView v = new ImageView(getApplicationContext());
 v.setImageResource(R.drawable.black_circle);
 mIndicatorList.add(v);
 mIndicator.addView(v);
 }
 インジケータの初期値
 setIndicator(0);

 mGoogleApiClient = new GoogleApiClient
 .Builder(this)
 .addConnectionCallbacks(this)
 .addApi(Wearable.API)
 .build();

 }
まぁちょっと色々端折っているのですが、単純に画面中央にはGridViewPagerがあります。

その下にはインジケータ用にLinearLayout(Horizontal)のViewがあるような感じですね。

GridViewPagerはFragmntを返すようになっています。

期待する動作としてはそのようなもんで、私の所持している G watchでも正常に表示されていましたがどうやら円形デバイスで表示されないという不具合報告を受けました。

その際に表示されている画面はインジケータは表示されているがそれ以外は何も表示されていない。

要はGridViewPagerのFragmentが表示されていないということなんですね。

StackOverFlowにありました。

 

http://stackoverflow.com/questions/25808229/fragment-in-round-wear-watch-turning-black-in-emulator-watch

英語があんまり読めないので大体の解釈なのですが、RoundDeviceだとInflateする際の動きがSquareと少し違うようで、GridViewPagerで内部で管理しているタグが整合性が合わなくなるみたいなのです。

結局シンプルな解決策として、Stubを使わないようにしました。

CloudSaveの実装時の注意点

Androidのクライアント側でCloudSave機能を実装時に下記のExceptionに出くわしました

java.lang.IllegalStateException: A fatal developer error has occurred. Check the logs for further information.
 at com.google.android.gms.internal.p$f.a(Unknown Source)
 at com.google.android.gms.internal.p$f.a(Unknown Source)
 at com.google.android.gms.internal.p$b.p(Unknown Source)
 at com.google.android.gms.internal.p$a.handleMessage(Unknown Source)
 at android.os.Handler.dispatchMessage(Handler.java:99)
 at android.os.Looper.loop(Looper.java:137)
 at android.app.ActivityThread.main(ActivityThread.java:4441)
 at java.lang.reflect.Method.invokeNative(Native Method)
 at java.lang.reflect.Method.invoke(Method.java:511)
 at com.android.internal.os.ZygoteInit$MethodAndArgsCaller.run(ZygoteInit.java:823)
 at com.android.internal.os.ZygoteInit.main(ZygoteInit.java:590)
 at dalvik.system.NativeStart.main(Native Method)

僕の中ではManifestにAppIDを入れていたつもりでしたが、どうやら下記のGameServiceようのメタタグを設定していたみたいでした。
android:value="@string/app_id" />

CloudSaveを実装するときは下記のメタタグを入れましょう

android:value="@string/app_id" />

SPモードメールバックアップplus SMS追加機能

ご利用の皆様にご意見伺えれば。

現在アプリ内でフォルダわけしてアップロードしていますが、
差出人が特定の方(リストで複数選択可/もしくは電話帳のお気に入りを利用する?)のメールを
お気に入りのフラグを付けてバックアップなんて機能利用される方いらっしゃるでしょうか?

反響があれば実装してみようかなと思ってます。

もしよろしければご意見ください

Xperia NX SO-02D

発売しましたね。

この機種は内蔵ストレージがあるので、SPモードメールバックアップplusのデータアクセスがGalaxyとかといっしょで少し変わるはず。

もしよろしければ、利用された方は教えてくださいね~。

map 開発中

やっとこさmapを使って現在地の表示と任意の場所に画像を表示することができた。
ファッションメモリーテーブルもlatitudeとlonguitudeを格納するよう定義を拡張した。

あとは、位置情報の保存と表示関連を調整すれば形になるのかな。

google maps

ちょっとファッションメモリーで地図でも使おうかと思って
google maps APIを利用しようと考えてます。

イメージ的には、この服きてどこいったっけ?ってことで
位置情報をコーディネートにタグ付することで、
マップを開くと、服が地図上にポコポコっと現れるようなものを実装しようかと。

使うんかな??(笑)

まぁ勉強のためにも実装しよ.