写真グルーピー/マーケット情報

無料版
マーケット公開日 2011/5/27
ダウンロード数  2692
インストール数  686

有料版
マーケット公開日 2011/8/7
ダウンロード数  17
インストール数  14

無料版
インストールされているデバイス
1. Samsung Galaxy S2 13.9% (87)
2. SO-02C 10.5% (66)
3. REGZA Phone T01C 8.5% (53)
4. Samsung Galaxy S 7.8% (49)
5. SEMC Xperia Arc 6.5% (41)
6. NEC MEDIAS N-06C 5.1% (32)
7. SHX11 3.5% (22)
8. Sharp Aquos 3.5% (22)
9. Sharp Galapagos 3.4% (21)
10. SEMC Experia Acro 2.7% (17)

利用されている国
1. 日本 90.3% (565)
2. アメリカ合衆国 1.9% (12)
3. タイ 1.0% (6)
4. インド 1.0% (6)

有料版は数が少ないため非公開にします。

初めて作った、Androidアプリ
公開して約4か月がたとうとしているが、インストール率は
他のアプリに比べて圧倒的に低い

いろいろと理由はあると思うが、
アプリの性質上、常に利用するものではなく、
たまに利用する(写真の整理なので)ということもある?からということや
バージョンアップしていない(というか機能はすべて実装済みでいじる予定がない)ためなのか、まぁそんな感じである。

なぜこのような結果になったか考えてみる。。。

そもそもこのアプリは、私自身がarcを利用していることに関係するのだが
arcは非常にカメラ性能が高い。
旅行や、ちょっと出かけた時などarcを利用して撮影することが多い。
またAndroidの特性もあり、撮影した位置情報を取れるので、よけい携帯で写真を撮る機会が増えた。

今までは、Windows フォトギャラリーでカメラのデータを日付毎に自動仕分けしてくれPCにに取り込めていたのだが、AndroidのSDを取り込もうとするとサムネイルやら何やら引っ付いてきて、目的の写真だけ仕訳するのが非常に難しかった。
また、以前のカメラではすぐにSDからデータを消していたが、arcの場合はそこそこSDの容量もあるので、撮った写真は残しておきたい。
すると、こちらはすべて一つのフォルダになっている!というのが
私の不満になり、じゃぁアプリ作ってみよう!と思って作り始めました。

何が問題か…

後発のファッションメモリーについては、もちろん企画が上がったのが先だが、開発する前にきちんとターゲット年齢層や今後の展開まで考えながら開発を行った。要は目的がユーザだったのである。写真グルーピーは目的は自分のAndroid利用の為の補完ツールである。
ここに問題があるのではないか。

といっても取り返しのつかないものなので、これはこれで最初のアプリとして愛着があるのでマーケットに置いておくつもり。

Pro版については、無料版がバックグラウンドで処理できないという問題点があって、それをSPモードメールバックアップで培ったサービス関連の知識を取り入れて、作り直してみようと作り直しをしたものです。
これについても、元のアプリ自体がターゲットがぶれていたので、このアプリもあまり売れないだろうなーと考えていましたが…


予想通り。。。
売れません。

50ダウンロードというのが一つの目安とAndroidでは言われています。
50ダウンロードされるものは今後も一定量は売れるらしい。
はてさて写真グルーピーProはどうなるのでしょう。

関連記事

コメントする

メモ - 下記に表示されているHTML属性は利用できます HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*