マニュアル(Manual)

imodeからのメールもしくはdocomoデータリンクから出力したemlを取り込みたい場合
FAQをお読みください。

SDカードバックアップと連動してすべて自動で転送する(設定が簡単!)
ここではdocomoのSDカードバックアップというソフトと連動したバックアップ方法を記載します。
一度設定すると、あとは自動でメールが転送されるようになります。
便利ですが、フォルダ分けは、受信フォルダと、送信フォルダ固定となりますので
フォルダ分けしたい!っていうかたはもう一つの方法を選んでください。
SDカードバックアップの設定をしよう

1.画面左下のほうにあるSDカードバックアップをタップして起動します

2.左真ん中にある定期バックアップをタップします

3.スケジュールの追加をタップします

4.バックアップ対象の右のボタンの選択をタップします

5.SPモードメールの受信トレイと送信トレイを選択します
選択できたらページ下部の選択をタップします

6.中央の繰り返しは毎日で開始時間は1時ぐらいにしておくといいと思います。
寝てる時間とかいいかもです
あとは決定ボタンを押して保存します。

6.スケジュールができましたね。設定ボタンを押しましょう
※ここでドコモアプリパスワードが聞かれますのでご自身で設定したものを入力してください

初期設定
さてここからが本題の設定です

1.アプリ起動するとウィザードが自動的に開きます
バックアップ先として利用したいアカウントを選択し、パスワードを入力して認証ボタンを押します

2.認証が終了すると自動的にラベルを同期し、ストレージ選択画面が開きます

3.あなたの端末の外部ストレージを選択します

4.初期設定はこれで終了です。メイン画面に戻ります

5.設定画面をバーのツールのアイコンより設定画面を開きます
ここで自動実行をONにして、自動実行の時間を先ほど自分で指定した時間の1時間後ぐらいに指定してあげましょう
また、追加パスという個所をタップしてSDカードバックアップを指定しておきましょう
絵文字変換等はお好みに合わせて設定してください

タスク登録
バックアップするためのタスクを登録します
GMAILのラベルと、SDカードバックアップのフォルダをくっつける作業です
1.追加ボタンより追加します

2.バックアップ先のアカウント(先ほど認証したものですね)が選択されていることを確認し、種別をメールを選択し、バックアップフォルダ下の選択ボタンをタップします。

3.ここで見えているinboxとsentboxというのはinbox(受信メール),sentbox(送信メール)を表します
※見えていない場合は外部ストレージの設定が間違っている可能性があります。
とりあえずinboxをタップして右下の選択をタップしましょう

4.バックアップフォルダが選択されたことを確認して、次はアップロードラベルの下の選択をタップし、行き先のラベルを選択します
ちなみに受信フォルダはINBOXです。そのほかのフォルダでも構わないので自分の好きなフォルダを指定してください

5.設定できたら下記のようになるので、保存します
同じ要領で先ほどinboxを選んだところをsentboxにして送信メールも設定しましょう

設定は以上となります。
あとは、時間がたてばバックアップが自動で実行されます。
こんな感じですね。
SDカードバックアップが毎日実行されます
→SDカードにSPモードメールのバックアップが作成されます
本アプリも毎日実行されます
→SDカードに保存されたバックアップを自動的にGMAILへバックアップします。

以上です。

SPモードメールをフォルダを維持したままバックアップする
ここではSPモードメールのフォルダを維持したままバックアップする方法を記載します。
このバックアップ方法はSPモードメールからメールを手動で出力する方法となるので
完全に自動でバックアップすることはできませんがフォルダを維持したままのバックアップが可能です
SPモードメールバックアップを利用する前に

1.SDカードを編集できるソフトで、/private/docomo/mail/exportにSPモードメールで使っているフォルダを作成します。
※この画面ではESファイルエクスプローラを使っています

2.SPモードメールを利用し、SDへEML形式で先ほど作ったフォルダへコピーします

初期設定

1.アプリ起動するとウィザードが自動的に開きます
バックアップ先として利用したいアカウントを選択し、パスワードを入力して認証ボタンを押します

2.認証が終了すると自動的にラベルを同期し、ストレージ選択画面が開きます

3.あなたの端末の外部ストレージを選択します

4.初期設定はこれで終了ですこれでメイン画面に戻ります

5.設定画面をActionBarのツールのアイコンより設定画面を開きます
ここでは自動実行や絵文字の変換設定などが行えますので必要に応じて設定します

タスク登録
タスクの登録については、必要な分だけ登録します。
たとえば、SMS受信、SMS送信、SPモードメールの受信ボックス、送信ボックスとしたら4つのタスクを作ります
1.追加ボタンより追加します

2.バックアップ先のアカウントが選択されていることを確認し、バックアップしたい種別(メール or SMS)を選択し、バックアップフォルダ下の選択ボタンをタップします。

3.メールを選択した場合はフォルダで、SMSの場合は受信か送信を選択できます。

4.バックアップフォルダが選択されたことを確認して、次はアップロードラベルの下の選択をタップし、行き先のラベルを選択します
(これで、Android端末のEMLフォルダとGMAILのフォルダを関連付けます)

5.設定できたら下記のようになるので、保存します
複数のタスクを作りたい場合はこの作業を繰り返します

バックアップを実行

1.バックアップ設定までできたら、あとは開始時間をタップするだけです

通知バーに、実行状態が表示されたら、あとはHOMEなどに戻ってもバックアップは継続されます